take a walk

無期限更新停止中です。カメラ散歩は継続中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始まりがあれば終わりもあるわけで

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080425-00000000-dol-bus_all

ついにフィルムカメラ市場終焉 CIPAが統計発表停止
4月25日10時37分配信 ダイヤモンド・オンライン

---
 フィルムカメラの時代が完全に終わろうとしている。
 カメラや映像機器メーカーの業界団体であるカメラ映像機器工業会(CIPA)は、フィルムカメラの生産・出荷台数の統計の発表を停止した。
 CIPAは毎月、デジタルカメラとフィルムカメラ、カメラ用交換レンズの生産・出荷台数を発表していた。しかし、2008年4月に発表の2月分統計から、フィルムカメラの数値を空欄とした。
 デジタルカメラに押されフィルムカメラの人気低下は著しい。前月の統計では、生産が1580台(約4600万円相当)、出荷は1万1573台(約1億7200万円相当)と、寂しい数字だった。

 CIPAには、「集計値が一定数を下回った場合などに発表の対象としない」といった内部規定がある。2月分からはその規定にひっかかってしまったのだ。
 CIPAの統計は日本のメーカーに限っているが、海外工場での生産分を含んでいる。また、日本のメーカーが世界シェアを独占していることからも、市場縮小は世界全体のことといえる。01年に国内出荷台数でデジタルカメラに抜かれてから、7年で統計発表自体が停止に追い込まれた。
「最近はフィルムカメラの新製品も登場せず、統計への問い合わせもほとんどなかった。1昨年からは、数字が小さいために、それまで行なっていた生産・出荷の予測作業もできない状態だった」(CIPA関係者)
 CIPAは今回の停止につき特にコメントをしていない。統計表の下に、規定に満たなかった旨が記載されているのみだ。そのため、特にニュースにもならなかった。
 世界中の人びとに愛されたフィルムカメラだが、その終焉はひっそりと訪れていたのである。

---

「悲しいです」「さびしいです」と感傷的なコメントが続いていますが、
統計発表が停止されただけで、
フイルムカメラ製造自体が停止と決まったわけじゃないんだよね?

はじまりがあれば終わりがあるわけで、
売れなきゃ作らない、これは当然のことなので仕方がありません。
だって銀塩カメラ、滅多なことじゃ壊れないんだもん。
壊れない→買い換えない(買い求めない)→売れない→作らない→赤字→なくなる
ん~、納得のいく流れ。

フイルムカメラを新しく作ったところで、
ユーザーにとっては便利であること、メーカーにとっては売れることが
最優先の世の中に、こんな不便なの誰が買うんだろ。
個人的にはKLASSEレベルの作りじゃないと買う気は起きないし、
それでもフイルムカメラ購入層が増えるとは思えない。


感傷的になってフイルムカメラが守れるなら、
もうとっくの昔にボロボロ泣きながら、さみしいかなしい言ってるよ。

とりあえず、さみしいかなしい言ってるんなら「フイルム」を買い続けましょー。
誰よりも負けないくらいの勢いで、諸々掛かる値段のことも気にせずに。
大切なフイルムカメラを、ただの置き物にしないためにも。

---

あとは、まあ、

勝手に「終焉」

としないでいただきたい。
スポンサーサイト

| 写真関連情報 | 14:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。