take a walk

無期限更新停止中です。カメラ散歩は継続中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月29日(土)



KONICAMINOLTA CENTURIASUPER400

今夜はオットが帰ってきませんよ。
お仕事ですって。
今年に入ってから、何度徹夜で仕事しているだろう。

で、質問なのですが、30代の働き方ってこれくらいは当然のこと?
自分も社会人になってからずーっと働いているけど、
どうも「徹夜して働く」ということに対し、理解ができないんです。
なぜそこまでして働かないといけないのか?
オットに限らず友人たち(女性も含む)が、
バリバリ頑張って働いているのをみると頭が下がる思いになると同時に、
仕事が弊害になってまったく逢えないことに疑問を感じます。
あ、疑問を感じるというのは相手に対してではなくて、
そこまでして働かないといけない日本社会に対して(大きく出たねー)。

というわけで、「それくらい当たり前だよ!」とわたしを叱ってください。
一応、最大限の理解はしているつもりで、す、が…。
個人行動平気!働くの大好き!なわたしでも、
これだけ仲良しさんとのすれ違いが続くと、
さすがにさびしくなってまいりました。

スポンサーサイト

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 10:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はいはーい。
今日も徹夜で絶賛仕事中の俺が来ましたよ!

徹夜で仕事するのは、多分オカシナ事なのだと思うよ。例えばわたしの仕事も多分徹夜しないですまそうと思ったら、それは可能。実際結婚して子供ができた人なんかは、極端に仕事の量を抑えて、毎日きちんと決まった時間に帰宅できるように調整したりもしているよ。
それはそれで正しい選択なのだと思うの。

ただ、一方で、こういう仕事でこういう業界だとね。人にもよるけど、諦めがつかないって事はあると思う。わたしはそうだなぁ。規則正し生活を最優先するために、目の前にぶらさげられたビッグタイトルをみすみす逃すなんてできるか!とか思っちゃう。まぁ、結果として過労死するんじゃね?みたいな毎日になりがちなのだけれども。

ぶっちゃけ、30代半ばから、もって30代後半にかけてまでだと思う。こんな無理がきくのは。うちの業界的にはだいたい30代後半にさしかかると、体力的な面から諦めざるを得ないモノが増えてくる。だから焦りもあるんだよねえ、多分。
もう今しかできないし、猶予はあとちょっとしかない。

ま、そういうのを差し引いても、人が足りなさすぎるってのもある。あとは、多分、自分じゃないといけないんだっていう傲慢な勘違いとか(ほんとは明日わたしが死んでも変わりの人なんているのサ)が原動力になってるってところなんじゃないかしら。

しかしだよ。
こんなわたしでもさすがに限界値にきていてね。本気で引退しようかしらとか思ったよ今年は。
ま、引退はしないけど、
来年の仕事は今から今年の1/4に抑える事が決定しているですよ(社長プラン&社長マネージメント)

実際倒れて入院したからか、
周囲の大人が最近優しくなりした。

『よ。さんは生身だったんだなぁ。魔法使いじゃなかったんだなぁ』的理解。ほんとに魔法使いなんじゃないかと思われていた事実にこそむしろ泣ける。

| よ。 | 2007/10/01 03:46 | URL | ≫ EDIT

ああ…思いというか…伝わってくるものがあるね(笑

仕事の数だけひとがあって、ひとの数だけ様々な考え方があるんだなあって改めて思った。特に「今しかできない」なんていう思いは、自分自身にはないからねぇ。事務仕事ばかりだから、経験さえあれば今じゃなくてもいいし、だれにでもできるという。だから「わたしの代わりはいくらでもいるしー」なんて思って、わりと適当に仕事したりしてるよ(でもハケンなりの責任はちゃんと持ってるよ~)。

ひとが足りないっていうのは問題だよね…。でも育てる時間がないとか、いろいろ事情もあるんだろうね。あとは根性がないとかいうそのひと個人の問題か。実際、こらえ性のないひとはわたしもわりと見てきたもんなー。女子だけでなく、男子も含め。「自分に合った仕事」なんて、見つけるほうが大変なのにねぇ。

オットも「そろそろ倒れそう」なんて言ってきて「いっそ倒れちゃいなよー」って冗談交じりで返しちゃう。ホントに倒れられたらものすごくうろたえるんだろうけど、そうじゃないといまのループから抜け出せないっていうこの状況は、ホントなんとかして欲しいです。

よーちゃんヒマになって余裕できたら、いつでも声かけてね。ここで待ってるゼ。

| きよ | 2007/10/01 11:43 | URL | ≫ EDIT

きよさん、こんにちは。お疲れ様です。
実は僕も二年ほど前まで似たような……と書くと失礼かもしれませんが、会社監禁仕事に従事していました。
特に最後の方はひどい仕事ばかりで、プロジェクトに入った途端完全無理なノルマ、土日休みなし、どころか毎週試作データを提出しなければならないので毎週徹夜、毎日怒号の聞こえる会議スペース、出社しない上司、なのに満足のいかない給料。なんて。
おおう、これは一体何の罰ゲームなんですか? とか言ってゲリラ戦(というか孤独な謀反)を展開し、いくばくかの銭を握って終了を迎えたものの、負ったダメージが予想以上に大きいことにその後気づき、打ちのめされました。
一時、本当に立ち直れないかと思いました。

実はそんな完全疲労無職状態で見つけた唯一の新しい愉しみがカメラとスナップだったりします(笑)。
十台の終わりに業界に入ってからそれまでずっとひきこもりだったようなものなので、外を歩くのがこんなに楽しいとは、と思いました。

僕は、出てよかったと思うんです。
人道も仁義もない職場にそれらを取り戻させねばならん、と思った時もありましたが、僕のいたところのようにひどいところだと、もう、我慢強い人だけ(あるいは我慢強いだけの人だけ)になっちゃってるって場合もあって……。
何年居ても合わない人は合わないし、業界の体質が変わることもあるし。
無理しないで外の世界を見てみることも必要だし、外の景色がどんな風か知らないってことが一番の損失じゃないかと僕なんかは思います。

……なんか前科モノみたいな発言ですネ(苦笑)。

| 狛 | 2007/10/02 19:19 | URL | ≫ EDIT

わわー、狛さんも!!本当にお疲れ様です。

変な話、多少忙しくてもそれに見合ったお給料や上司からのねぎらいの言葉(毎日じゃなくていいからさ…)があれば、大変でもやってけると思うんですよ(体力的なことはさておき)。でもそれすらないと疲れるばかりですよね。真面目なひとほど根つめたりして、場合によっては死んでしまうひともいるし、それを実際見てきたこともあったので、オットには「そんな会社、いつでもやめていいよ」と呪文のように声をかけています(笑

だって、気力をなくしたり死んだりしたら意味がないもの。

狛さんはそういう大変な状況のなかで写真と出逢ったんですね。もし自分だったら、写真やカメラに感謝してるかも(笑。撮ることの意味や大事さも、いまとは違ってくるんだろうな。

>外の景色がどんな風か知らないってことが一番の損失じゃないか

わたしもそう思います^-^

| きよ | 2007/10/03 10:11 | URL | ≫ EDIT

あややカメコメ亀コメ(;゚ー゚)
ああ・・やっぱこういうのを読んでしまうと素通り出来ないわぁ。
まぁ徹夜で仕事してる人がみんな同じモラルでは
ないと思うのだけど想いは様々かなって思います。
義務感で動いてる人、人一倍金を稼ぐ為に動いてる人、
金にはならないけど時間をかけてやりたい仕事がある人、っとか。
ちなみに僕は「社会から抹殺されない為」です。あは。
もーこんなのも10年越えると休むのが怖くなります。
あ、僕だけかもですが。
後は納得のいく仕事をしたいってのは大きいなぁ。
自分の名前で出した仕事には自分の値段がつくものだし。
ま、まぁ寂しい時もありますが自分の選んだ道なればこそですわ~。

| bee | 2007/10/08 18:47 | URL | ≫ EDIT

そだよなあ、beeさんのように創る作業の仕事をしているひとたちは、一日二日の徹夜なんて当たり前(?)になってしまう環境ですよね。ホント、いろんなひとたちの話を聞くうちに不思議とこころが落ち着きます。とはいえ、からだの心配はしてしまいますがー。(オットだけじゃなく働くみんなの!)

や、休むのが怖いっていう気持ち、うっすらとですがわたしも分かります。ハケンの立場なんで、上からの指示はとりあえず何でも受けとかないと不安になります。休日出勤も笑顔で応える、みたいな。出たぶんだけ貰える時給なので、むしろウェルカムなのはデフォなんですけど(笑。必要ないって言われるくらいなら休まず働くほうをいつも選んじゃいます^-^;

それにしても、自分の名前の出る仕事かあ。自分にはない才能だから、いくつになっても憧れがあるなあ…(笑。からだに気をつけて、お仕事してくださいね^-^

| きよ | 2007/10/08 21:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamomekko.blog57.fc2.com/tb.php/406-352cb9c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。