take a walk

無期限更新停止中です。カメラ散歩は継続中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月11日(日)

ホメオパシー治療について、ずいぶん書いていません。
結論から言いますと、月末に受診する予定の内視鏡検査の結果によって、
ホメオパシー治療を続けるかどうかを決めます。
いまレメディーは、セルフケアで摂っている程度ですが、決められたものひとつだけです。
以前のように、生理痛にはMag-p.とか、下痢にはPuls.など、
症状によってレメディーを摂ることはありません。



レメディーの摂り方について、今回のことでだいぶ考えさせられました。
ホメオパスから返事が来ない、というところまで日記に書きましたが、
出してから1週間後に返事は来ました。
わたしが訊いた内容は『こんなにかゆいのは好転反応なのか、悪化なのか』という、
とても初歩的な質問でした。
それに対してホメオパスは『からだがいい方へ向かおうとしているのだから、悪化ではない』
と言い切りました。
ホメオパスの言い分としては『いい方へ向かおうとする際、不快な症状が出るから
悪化だと感じてしまうが、からだが“いい方へ向かっている”わけだから、
“悪化”という状態は実は存在しない』というものでした。
もしかしたら、わたしの訊きかたが良くなかったのかもしれません。
でも逆に、もうこのホメオパスのお世話になることはやめようと決める
いいキッカケになりました。

今回の痒みに対して「Apis.とArs.を摂りなさい」という指示も受けました。
これじゃあ、病院へ行って薬をもらっていた頃と何ら変わりありません。
慢性症状のレメディーを摂って新たな症状が出る(ホメオパスの言うところの『好転反応』)、
それに対するレメディーまで摂るなんて本末転倒です。
心療内科の薬をもらって飲んでいたら今度は胃の調子が悪くなった、
「それでは胃の薬を出します」と医師に言われている頃と同じだと思いました。
どんどん薬が増えるように、レメディーの数も増える。
レメディーを摂る際の決まりごとは「最小限」のはずなのに??

今回のことで疑問が増え、ホメオパシーそのものに対する
不安感が強くなってしまいました。
また、もっと遡れば、ホメオパスの出すレメディーがマヤズムの
レメディーばかりだったことに疑問を抱いたのも、不安に感じるひとつでした。
そのときは、病気を治したい一心で、言われたとおりにレメディーを摂りましたが、
やはりおかしい、こんな状態で治療は続けられないと思い、
ひとまずホメジャのやり方から距離を置くことに決めました。

いま、あるひとからアドバイスを頂き、自分なりにホメオパシーについて勉強しています。
ホメオパシーという治療法は素晴らしいと思うので、今度はいい関係を作りたいと思ってます。
ホメオパシーの本は難しいので、どれだけ時間がかかるか分からないけど。
ホメジャについてもいろいろ言いたいことはありますが、
いまはただの悪口になってしまうので言いません。
いつか自分なりの言葉で、きちんと語ることが出来たら、と思います。

潰瘍性大腸炎を患っている方に対しては、わたしの経験で良ければ、
今後もいろいろアドバイスしていきたいと思っています。
まあ、あまり話せることはないとは思うんですけれども…(笑

オットは以前、薬局店で長く働いた経験があるのですが、彼はよく
「俺は薬を飲まないから、病気の治りが早いんだ」と言っています。
たしかに、夜に高熱を出しても、食べれるだけ食べて水分を十分に摂り、
その日は早めに眠ると、翌日はケロッと治って出勤しています。
ダラダラ薬を飲みながら治すわたしとは正反対です。

薬もレメディーも、いちばん良いのは飲まないこと。
飲むにしても最小限が大事なのだな、と改めて気づかされました。
これがいまのわたしに言える全てのことです。
スポンサーサイト

| 病気メモ | 15:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

薬の成分がどれだけ体に影響を及ぼしているか?ほんの少量でもずっと服用していればそれなりに悪影響は出てくると思っています。
だからといって今の医学を否定するわけではありませんが、私は漢方を勉強して飲み始めてからは薬のことも考え始めました。
飲む必要がなければ飲まないほうがいいんです。
でも、病気のことを考えると服用中止が怖くてできません・・・・。

| あきも | 2007/03/11 16:12 | URL | ≫ EDIT

わたしも心療内科の薬を断ち切るのにはずいぶん苦労しました。急に止めると離脱症状が起きて日常生活ができなくなるし、止めたことによって症状がぶり返すのも怖いし…と、薬に振り回された2年間でした。

からだにいいものを食べる、疲れたときはゆっくり休むなど、そういったことの積み重ねで強いからだは作られるんですよね。でも、忙しくてなかなかそうはできない日常だったりもするわけで…。本当に難しいです。

| きよ | 2007/03/11 18:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamomekko.blog57.fc2.com/tb.php/240-2cdb0fea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。