take a walk

無期限更新停止中です。カメラ散歩は継続中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月3日(土)



AGFA VISTA400

今日、静岡県三島市にあるクレマチスの丘へ行き、
古屋誠一写真『Aus den Fugen』を観ました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館の一角に、写真が飾られていました。
古屋さんは妻であるクリスティーネさんを早くに亡くしたこともあり、
ブログなんかを読むとアラーキーと陽子さんの関係とよく比較されていますが、
比較なんてできないくらい、古屋さんの作品は違う場所にいました。
アラーキーは陽子さんや両親といった最愛のひとの死を受け入れ、
それを大事に持ちながら写真を撮る印象がありますが、
古屋さんはまだ、クリスティーネさんの死を受け入れられていないような気がしました。
それは「妻が亡くなったことが信じられない」のではなく、
「妻が亡くなった意味が分からない」のではないのかな、と。
だからまだ、語りかけるようにこうしてクリスティーネさんのポートレートを
出版し続けるのではないかな、と。

PHaTPHOTOで観た直感は当たってました。
直に観ることができて本当によかった。行ってよかったです。

それと、ヴァンジの彫刻も一緒に観たのですが、彫刻のことは一切分からないのだけど、
いまにも動き出しそうな作品ばかりでおもしろかった。
クレマチスの丘はとても静かな場所で、写真も彫刻もゆっくり観ることができてよかった。
ゆっくり観ることができる場所というのは、
観る者以上に作者にとって、とてもしあわせな場所なんじゃないかなと思う。


昨日の天気予報で今日は晴れだったので、突然思い立って行きました。
前もって準備して楽しみにしていると、当日はかならず雨が降るから。
で。朝起きたら曇り。神様はわたしを見ているのだなあ、と思った。

突然だったのだけど、友達に逢えることができてよかった。
彼女と一緒に楽しく歩いた。
でもまだ調子が出ず、うまく言葉が繋げられなくて、
上手に喋れなかったのが自分のなかでは残念だった。
彼女とはたまにしか逢えないから、余計にそう思う。

夕方、帰る頃には富士山を見ることができてよかった。
笠かぶってたけど、それを見ることに意味があったから。


今日は「よかった」がたくさんある一日でした。
すこしずつだけど、進んでいる(あるいは元の場所へもどっている)ような気がします。
スポンサーサイト

| Nikon FM3A | 20:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あぁ、いいなぁ、この写真。好きだなぁ。

| よ。 | 2007/03/04 21:10 | URL | ≫ EDIT

ありがとうー^-^
これは日比谷公園の噴水を撮ったんだよ。

| きよ | 2007/03/04 21:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamomekko.blog57.fc2.com/tb.php/231-f5aceaf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。