take a walk

無期限更新停止中です。カメラ散歩は継続中。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いまハマってる漫画家

あー、しまった、今日オノ・ナツメの初期作品集発売日だった。
ananとか買って暇つぶしてる場合じゃなかった。
明日絶対に買わないと!!
特設サイトもあるのでじっくり見ないと!!
いまからゴミ出さないと!!(明日ゴミの日なの忘れてた涙)

オノ・ナツメ、好きすぎてあっというまに全部のコミックスを揃えてしまった。
苦手なBLモノ(basso名義)まである。
でもいちばん好きなのはGENTE。
その次が、not simple。
このひとの漫画は外国の映画みたい。

しかし今月は漫画も雑誌もいっぱい買ったなあ。
スポンサーサイト

| 日記風 | 22:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長靴を履いたきよ

最近あまりにザブザブ降るのでとうとう買いました。
長靴です。
「レインブーツ」なんて絶対に言いません。
「レインコート」だってもちろん雨合羽です。

で長靴なんですけど、買おうかどうかずっと迷っていて、
まーいっかなあ、なんて気持ちになってたんですが、
昨日の雨でいつも履いてるコンバースのワンスターが壊れた。
浸水しまくりで足元ぐっちょぐちょになっちゃったんです。
で買った↓
P0111.jpg

ね、長靴でしょ(笑
一応、マルイで買ったので形はオサレです。
色はこれよりもうちょっと明るめのカーキ色。
なかなか良い感じです。
ただゴムくさいのが難点(仕方ないスな)。

インダスター届きました。
星ー!
…って接写すぎてぼけぼけ^^;
P0112.jpg

| PENTAX OPTIMA | 11:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT



FUJIFILM PRO400H

いろんなリンク先を廻ってから自分のブログに帰ると、
自分の写真はなんか渋いというか、枯れているというか、
生き生きしていないような気がしてならないので、
もっと生き生きした写真が撮れますように、神様にお願いしてみました(涙

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 13:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐内さんとインダスター



FUJIFILM PRO400H

PhotoGRAPHICA最新号をようやく読んだ。
塩竈フォトフェスのページを見て懐かしく思った。
思えばここから迷子になったような…(汗

まあそれは置いといてー

やっぱり佐内さん好きだなあと思った。
インタビュー記事全部読んだんだけど、うん、好きだ。
このひとの考え方、写真に対する思いとか、
なんかそういうのがいいな、と思う。
同時に自分を認めてくれているというか…って書くと
非常におこがましいのだけど^^;
このひとの言葉を読むと、いつもそういう気持ちにさせてくれる。
「アンタはアンタでいーんだよ」、みたいなね。
読めて良かった。
これからも佐内さんの写真家活動に注目したい。

それとレンズを買いました。
インダスター61LZ 50/2.8。
また50mmです…。さ、3本目(汗
ニッコールレンズ、ほとんど使わないから売ろうかしらと思うんだけど、
これもこれで良い働きしてくれるからねぇ。

で、なぜインダスターさんかというと、レフ次のためにもう一本、
交換レンズが欲しかったのと、
…絞るとね…ダビデの星の形になるんよ…。
これでイルミネーションとか撮りたい!ってなるやん?
だからついつい買っちゃった。

というか、これレフ次につけて撮れますよね?(ガチで訊いてます)
M42ってあったから「大丈夫!」と思って勢いあまって買ったのですが(汗

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 12:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の気分



FUJIFILM PRO400H

自分は本当に、なにも持たない人間なんだなあと思う。
落ち込んで立ち止まる暇はないから
落ち込んだまま前に進むのだけど、しんどいです。

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 12:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと落ち着いた




FUJIFILM PRO400H

ハイ、そんなわけで(どんなわけで?)フジフイルムモールから
PRO400H 36枚撮+当社技術者による同時プリント」でプリントされた
写真が返送されました。
結論からいいますと、
「個人的には今後、ここを利用し続けたい!」
デス。

どういったサービスかざっと説明すると、
まずフジフイルムモールから購入したフィルム、返送用封筒(切手貼付済)、
色見本、アンケート用紙等が送られてきます。
撮ったフィルムを返送用封筒に入れて送り返すと、
1週間程度でプリントされて送られてきます。
プリントサイズはL判とKG判のどちらかを選ぶことができます。
わたしは今回はよーーーく見たかったのでKG判でお願いしました。
ん~。
分かってはいたけど、デカイ(笑

撮ったものは、先週、バラ園を見に行った旧古河庭園です。
バラの花弁の色と緑いっぱいの景色で、
ある意味このフィルムの特徴を活かしやすい被写体であったのではないかな、
と自分では思います。
その1枚目の写真がコレというのもナンですが^^;
分かりづらくてすみません。
じきにバラの写真まみれになる予定です。

リアラエースが鮮やかな緑だとすれば、
こちらの緑はくすんだ緑。
リアラエースより彩度は低いからねぇ。
でも綺麗な色なので、これはこれで良い色です。
好みの色。なめらかな色。
アンダーが好きなので、もっと色を落としてもらっても良かったかも。
同封されている色見本を参考に、自分の好みを指定することもできますが、
わたしは今回は特に指定せず、自動補正のみでお願いしました。

某所では青緑色にプリントされた人の肌ですが、
これはバラ園に来ていたひとで試させてもらいましたが(笑、
綺麗な肌色でプリントされました。
子どもだったらさらに綺麗に撮れるんじゃないかなと思いました。
…ま、わざわざこんなこと言わなくてもいいかもしれないけど^^;

やりとりが郵送なのでちょっと躊躇していましたが、
(郵便事故の経験が邪魔をするー)
これは積極的に利用したいと思いました。

今度は蔵瀬さんに装填して撮りたいな。
しかしプリントされた写真はどれも下手くそだったなーーー。
やっぱ、練習し続けないとだめね。
いい教訓になったわ(ノД`)ノ

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 11:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オットが好きだと言ってくれた



FUJIFILM PRO400H

写真がコレ↑

オットといい、お父さんといい、わたしの好きなひとはわたしが
「なぜそれ?」と思うものを選んでくるなあ。

オーモロー!

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 11:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

独り言




写真、撮りたくなってきました。

逃避、
あるひとの撮った写真を見て、

理由はいろいろあるけれど、
ここ2ヶ月ほとんどカメラに触らなかった、
フイルムを装填しても数枚撮ってはすぐに捨てた、
自分の写真を見るのもイヤだった、
そういったことから比べれば
一歩前進した(あるいは戻った)ことになるのかな。

バラの写真はデジカメで撮ったやつ。

フイルムでもデジタルでもいいから、
プリントしてもしなくてもいいから、
なんにもこだわらず、なんにも考えず、
だれのことも気にせず、思わず、考えず、
ただ自分が楽しいとだけ思って、
自分がいいな、好きだな、と思った風景を収めたい。

| 日記風 | 17:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PhotoGRAPHICA

PhotoGRAPHICA【フォトグラフィカ】 vol.11発売中。
・・・って今朝会社近くのツタヤ寄ったのに置いてなかったぞコラァッ!!


今月号は、3月に行われた塩竈フォトフェスティバルのレポートや
フォトフェスで優勝した方の作品が載っているので見たい。

塩竈、なんかもうとても昔のことみたいだなあ。

今月の特集は佐内さんなので、これもとりあえず見たい。
佐内さんの写真は、いまより昔のほうが好きだけど、
やってることというか、佐内さんが常にいろんなカタチで
写真と向き合うすがたを見るのはとても好きだ。


あとは、最新号のコマーシャル・フォトも見たい・・・
このごろ暇がなくて忘れがち(雑誌に限らずあらゆることを)。
日々、忙しいのはありがたいけど、
右脳の訓練がおろそかになりがちなのでちょっとこわい。

| 日記風 | 10:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ただしいことば

正しい言葉をつかって正しく文章を書き、
なおかつ、初めて読むひとに対して分かりやすく書く


ことがこんなに難しいことだとは・・・
いや、分かってはいたけどさ・・・



うぇー

はきそー。

| 日記風 | 19:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レアブックコレクション2008

なんかおもしろそう。
行けるかな~行きたいな~。
本とか写真集とかだいすっきー(なにこのテンション)

| 日記風 | 13:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旧古河庭園へ




旧古河庭園へ行ってきました。
ちょうどバラが見ごろの時期で、春のバラフェスティバルが開催されています。
夜間はライトアップもされているとのこと。
時間的にわたしは行くのが無理なので、お昼に行ってきました。
すごいひと、と聞いていたのですが思ったほどではありません。
もしかしたら三社祭に流れていたのかも^^;
とはいえ、こちらもなかなかの人ごみっぷりではありましたが。
皆さん、見て撮ってすぐ移動、な流れだったせいか、
あまりイライラさせられることもなく、
公園自体も広々としていたのでフツーに和みました。
撮影者のマナーも悪くなかったし(←これが結構イラッとさせられる)、
リハビリ兼ねたカメラ散歩としてはとても良かったです。

使ったフィルムはPRO400H。
これをフジフイルムモールへ送ります。
どんなプリントになるのかしら。
PRO400Hのプリントについては、
カメピストア・フジ純正の同時プリントと二回経験してますが、
そのどちらにもいまひとつピンと来ていないので、
今度は来るといいなー。

| PENTAX OPTIMA | 17:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Kohei Yoshiyuki 『The Park』

c0016177_21404984[1]


ネットをうろうろしていたところ、おもしろそうな写真集を発見。
吉行耕平氏の「The Park」
簡単に紹介すると、1970年代に新宿のとある公園でヤッてるカップルと
それを覗き見るひとびとの写真。
すごい時代があったんだね…。

写真を見ると、被写体に結構近い。
しかも望遠で撮ったものとは思えないほど近い。
それもそのはず、吉行氏は覗き屋たちと交流を深め(!)
ヤッてるカップルはおろか覗き屋たちまでも間近で撮影しているのです。
(ちなみに覗き屋も行為に参加しています)

すげー。

なぜこの本がいまになって出版されたかというと、
去年、海外で個展が行われ、それが盛況だったからだそう。
ちなみにこの方、このときを含めて2回しか個展をやってない。
プロフィールをネットで調べようにもまったく名前その他もろもろが
ほとんど出てこない。
出てきても海外の記事ばかり。
そしてヤフオクでは高値の出品…。
謎だらけで気になります。

初の個展(東京)ではギャラリーを真っ暗にし、
見に来たお客さんにフラッシュライトを持たせたそう。
それで写真を見せることによって、
その場の臨場感が出たということですな。
おもしろそー!
写真集も真っ黒で、まるで夜中の公園にいるみたいでした。

ちなみに撮影に使われたカメラは当時出たばかりの
赤外線カメラだそうです。
ただ、これも英語表記のため合っているかどうか
あやふやです~~…(汗


この写真集も日本で出版されたわけではないので
洋書専門店で注文しました(汗
ネット書店で売ってるには売ってるんだけど、
当然、全部英語だから分かりません。
この写真集の巻末にはアラーキーとの対談も載っていますが、
当然、全部英語だから分かりません(涙
暇なときに頑張って読むしかないかな~。

写真集は3部構成で、
第1部:公園でヤッてるカップル(男×女)と覗き屋
第2部:公園でヤッてるカップル(男×男)
第3部:ラブホテル
となっております。
どれも密度が濃いです。
第2部は、なぜかちょっと三島由紀夫の「禁色」を思い出したよ
(内容と写真に関係は全くありませんが、なんかシチュエーションが^^;)

しばらく見返すことはないでしょう(笑
そして特にオススメもしません(汗
が、おもしろかったあ。


※ネットでの情報が少ないのとほとんどが英語表記だったため、
多少間違いがあるかもしれません。
その際はご了承ください。
個人のブログということで記事を読んで頂けたら幸いです。

| 日記風 | 21:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぼやきます

カメラピープルのストア情報を眺めていたら、
新しいフィルムの情報がUPされていた。
PRO160Cだそうです。
フジフイルムさん頼むからその輸出っぷりを
少しでも日本へ向けてくれる気はありませんかー(笑

『PRO400Hより青みは少なく低彩度な色合い』とありますが、
サンプル画像を見る限り、PRO400Hと同じような色味に見える。
実際撮ったら違いが分かるかな( ´ω`)
わたしが使うのはまだ先のことになりそうなので、
だれか撮ったら教えてねー。
とりあえず、なくならないように買うだけ買っておくかね。
(ホントはこういう買い方したくないよもう涙)

(余談ではありますが、会社名の表記が毎度
 「フジフィルム」なのが気になる…)

例の、キズまみれパレードで有名になったところからは、
べがす400(検索よけ表記ですスミマセン)が
やはり海外先行で発売されている。
が、これはポパイカメラでも購入できるようです。
キズやホコリの報告はいまのところなさそうなので、
買いやすくなるほどにがんばってほしいな~と思います。

いろいろ文句はあっても買う気はあるんです。
フィルム派ですから。
上野ヨドバシのフィルムコーナーの扱いっぷりに
どれだけ悲しみを覚えたことかっつーくらい(涙

| 日記風 | 16:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファンキーでピンクなくま




近所の本屋の「半額セール」ワゴンで、オットが見つけてしまったCD。
アルバムタイトルは、ファンキー・モモ・ダンス!
パッケージがモモなだけで、中身とモモはまったく関係ありません。
なぜ作ったんだ…(笑
でも中身の曲は良いもの揃いですよ。
有名なのが多いからかな?
聴いてみたら「知ってる知ってる!」なのが多かった。
パッケージも安っぽくって、なんかそれもイイ感じ。

晴れた日に聴きたいナー。
最近は雨だったり曇り空ばかりなので、NIRVANAから抜け出せません。

| 日記風 | 13:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意外と、

事態は深刻だったようです>喉の痛み&声枯れ。
まあ会社近くの耳鼻咽喉科がおじいちゃん先生だった、というせいもある…。
古い病院って、なーんか信用できないんだよねぇ。
といってもそこしかないのでそこに行くしかないのだけれど。

おじいちゃんだからさ、こっちの話をあまり聞いてくれないんですよ。
症状を聞かれたので答えたら、「いや、そんなハズはない!」って…。
じゃあどんなはずなら納得してくれるのさ。
途中から面倒になったので、違うなーと思っても「ハイソウデス」って答えてた。
納得行かなかったら、別の病院探して行けばいいしって思いながら。

しかもなんでか知らないけどすンごい怒られちゃってさ、
土曜日から声が出なくなったっつってんのに、「どうして早く来ないんだ!」とか。
何度も言われるからさすがにイラッときて、
「だって土日はどこも病院開いてないじゃないですか」って言ったら、
今度は頭ボンボンボン!ってはたかれながら「昨日来ればよかっただろう!」だってよ…。
最悪すぎる。
こっちの都合も知らないくせに、本当にいやな感じだ。

今週一週間は行かないといけないのが本当に憂鬱。
もらった薬を調べてみたら、そんな大した強さの薬じゃなかったので、
症状自体は半月もすれば治まるんだろうけど、
診察のあいだ、「これは相当悪いな」とか「がんのおそれもあるな」とか
脅しにしか聞こえないことをブツブツ言うから本気で怖くなったよ。
(いまわたしに向かって「がん」とか言わないでくれ…)

ああもう、これだからやだオジサンの街は。


---
通勤途中、電車内の広告でよく見かける森山大道展が今日から始まりましたな(写美にて)。
きっとたくさんのひとが行くに違いない…。
わたしも行って見たいと思うが、気になるのが料金。
1,100円というのが、なにか躊躇させるのです。

しばらくすれば、ブログやネットで感想が見れると思うのでそれを待ってから決める予定。

| 日記風 | 12:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ここのとこのこと

先週火曜日の発熱からまだグズグズ風邪を引き続けています。
とうとう声が出なくなりー(人生初)。
一日PCに向かっている仕事なので支障は特に出ませんが、
電話がまったく取れないので申し訳ない気持ちに。
ようやく新しい保険証が届いたので、明日にも病院へ行く予定。

土曜日は親戚のお見舞いへ。
いろいろ考えるところがあって、いまもそう。
神頼みならぬ、『父頼み』。
それにしても、顔を見ると安心する、ほうで良かった


最近やっとカメラを手に取るようになりました。
それでもシャッターはなかなか切れない。
けれど一歩前進できた気持ちです。
あとは、「楽しい」という気持ちになれればいいなあ、と。

| 日記風 | 13:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんだかね~

昨日は新宿JAMへライブを見に。
せめてライブハウスの写真くらいは撮るべきだった。
日常の記録撮りすらしなくなっている。
(コンデジも放置中)

なんだかね~。
最近なにもかもが空しい?んだよね~。
別に自分がそれをやらなくてもいいじゃん?的ななにかが、
ずっとこころのなかに住んでいる。
そう思ったら最後、なんにも撮れなくなった。
唯一撮れるのはモモくらいか…。
でもモモを撮るのはオットのほうが上手い。
そうなるともーなんにも撮る気がしない。
まさか自分がここまでこーなっちゃうとは思わなかった。

文章とか漫画とか自分が表現できればいいものを探していて、
それが全部上手くいかなくなっていったのに状況が似てる。
言いたいことがなんにもなくなっちゃったのね。
そうなると、しばらく距離を置いて様子見るしかない。
逆に、貪欲なまでに撮ってペースを取り戻すというやり方もあるけど、
いまはそうする気力がわかず…じっと待つしかないのです。

まあいっか、なんでも( ´ω`)
結局のところ、撮れない不安より、
撮れないとすべてに忘れられてしまうような気がする不安感が問題なんだもの。


ライブは楽しかった。
もっと頻繁に逢えればいいのに、って思うほど。

| 日記風 | 16:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どーしたものやら



Solaris100

びょーいん行こうかなあ、と最近思う。
症状自体は以前からあるもので、
むしろ自分のなかではあって当たり前的な存在で、
今更っちゃあ今更なのだけど。

当てはまる症状をネットで調べてみたら、
やはり投薬治療がメインらしい。
でも薬を飲むのにはどーしても抵抗がある。
せっかく時間かけて断薬したのにー、…と。
じゃあカウンセリング?
でも知らないひとに話したくらいで治るなら、
こんな思いはしてないわけで。

結局行けないでズルズルと今に至るわけです。

その症状に振り回されている自分に疲れてきている。
そしてオットにもこれ以上迷惑をかけたくない。
いい加減、ウザーとか思われる前にどーにかしたい。
(まあそう思われる日は来ないような気もするが)

どーしたらいいのやら。
(ちなみに鬱ではないので日々の生活はだいじょぶです)

| KLASSE W | 16:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風邪ひいた

連休中どこにも出かけなかったのになぜか風邪をひきました。
(ってか移された?)
喉がモーレツに痛いです。
昨日は熱も出ました。
でも気合で平熱に戻してみました。
なので無事に出勤です(涙

連休中、それなりに買い物をしました。
いちばん大きな買い物はテレビです。
ついに液晶です。
ブラウン管の向こう側、なんてもう歌えません。
いままで使ってたテレビの映りがいまだに良くて(8年経つのに)、
処分してしまうのが本当に勿体なかったです。

地デジになったものの、いまだその良さが分かりません。
本当に綺麗に映っているのだろうか…それすら分からんーー;
とりあえず、リモコンのボタンがいっぱい増えたので
たくさんいじってみようと思います。

そしてテレビのサイズが大きくなったので、Wiiでも買ってFitしたいぜ。

| 日記風 | 16:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Today is a very good day to die.



REALA ACE100

今日は死ぬのにもってこいの日だ。
生きているものすべてが、わたしと呼吸を合わせている。
すべての声が、わたしの中で合唱している。
すべての美が、わたしの目の中で休もうとしてやって来た。
あらゆる悪い考えは、わたしから立ち去っていった。
今日は死ぬのにもってこいの日だ。
わたしの土地は、わたしを静かに取り巻いている。
わたしの畑は、もう耕されることはない。
わたしの家は、笑い声に満ちている。
子どもたちは、うちに帰ってきた。
そう、今日は死ぬのにもってこいの日だ。

---
「今日は死ぬのにもってこいの日」
めるくまーる刊
ナンシー・ウッド著
金関寿夫訳

| FM3A+Carl Zeiss Planar T ZF | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼラチンシルバーセッションの写真集



GELATIN SILVER SESSION 21世紀の銀塩写真

第一線で活躍する16名の写真家たちの作品や思想に迫り、
銀塩写真の新たなる魅力を探ります。

第一線で活躍する16名の写真家が参加し、
銀塩(フィルム)写真を残そうと活動しているGELATIN SILVER SESSION。
このプロジェクトに沿って、写真家たちの作品や思想に迫り、
銀塩写真の新たなる魅力を探ります。

登場する写真家:上田義彦、笠井爾示、操上和美、小林紀晴、
小林伸一郎、菅原一剛、鋤田正義、滝本幹也、泊 昭雄、蜷川実花、
M.HASUI、平間 至、広川泰士、藤井 保、本城直季、三好耕三

(以上、誠文堂新光社のHPより引用)

---
昨日届いたので早速見ました。
残念だったのが、ゼラチンシルバーセッション展で展示されていた作品が
ちいさく掲載されていて、それぞれ見比べるのが困難だったこと。
てっきり見開き2ページで掲載されると思ってたからさ~…。
期待していたぶん、がっかりでした。
それでも、ちいさくても違いを見比べることはできますよ。
それだけ写真家たちの個性が出ています^^

メインは、このプロジェクトに参加している写真家16名のインタビューと
その作品を数ページずつ掲載。
わたしは上田さんと操上さんの写真ばかりなめるように見ました。
両名ともやはり素晴らしく。
操上さんご本人は72歳なのに歳を感じさせないカッコよさ(そこかい)。
もちろん、他の写真家さんの写真や言葉も良いです。
それぞれの銀塩への思い入れが分かって、とてもおもしろい。
16人分の写真があるので、あっちのページ、こっちのページと
いろいろ振り返って見比べるのも楽しいです。

その後、2色刷りのページはゼラチンシルバーセッション展で行われた
トークショーや、ゼラチンシルバーセッションに携わったラボマンなど、
様々なジャンルの方のインタビュー、
フジフイルム工場見学の模様などが収められていました。
(工場見学…行きたい…)
この内容で3,000円しないのは安いです。
持っておいても損はしないと思います。
オススメの写真集です^^


いちばん最後のページはゼラチンシルバーセッション展に行ったひとたちの
アンケートを抜粋したものなのですが、そのなかに、
「プロの人たちが銀塩写真を精神論でしか語れなくなっているということは
 それだけ厳しいのだろう」というような意見があって、
それがとてもこころに残りました。

むむーん。

| 写真関連情報 | 13:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日から新入り正社員

なにげに昨日で3年半にわたるハケンOL生活を終えました。
無職になった・・・・・わけじゃなく、
そのままハケン先で正社員になったんだよーん(・∀・)/

ヤッター!(マシ・オカ)

交通費が出るとかボーナスが出るとかいろいろ嬉しいことはあるけれど、
(仕事で特に目指していることがないので、とりあえず転職基準は「お金」)
いちばん嬉しいのは、ハケンでは一部分しか知らなかった仕事を、
幅広く覚えてやっていけるということ。
そのぶん、責任やらなんやら大変なことも増えますが(ーー;

ハケンの前はやっぱり正社員で事務OLだったんだけど、
給与のあまりの安さに、(あの給料でひとり暮らしをした自分は、
意外と生命力が強いのではないか、というくらいの安さでした。
ある意味、自信もついた)転職を決意。

・・・したものの、正社員での仕事は見つからなかったので、
とりあえずハケン社員になってみた。
もしかしたら、結婚妊娠出産で転職してもすぐ辞めちゃう可能性も当時はあったし。
まあすべては要らぬ心配でしたが( ´-`)

ハケン特有の「途中で契約解除」とか、福利厚生・給与面での不安等々
いろいろありましたが、なんだかんだで正社員のときよりもがっつり収入UP。
途中で切られることもまったくなく、すべて結果オーライでした。

わたしも「失われた10年」のメンバーですが、
それなりになんだかんだとスキルアップ(?)しているよーなので、
この調子で、のらりくらりとがんばります。
なにしろ、良いひとたちに恵まれたのが良かった。
わたしにとっての仕事は、社内の人間関係がいちばん大事だから。
人間関係が良ければ、多少仕事が大変だって乗り越えられるさ。


---

「必要」なことって、ちゃんと自分の手元に降りてくるんじゃないかと思います。
てかそう思った。
逆に、自分が必要としていなくても、そのひとにとって必要であるものはイヤでも降りてくる。

わたしはいつも、「写真」を必要としているけど、いまは全然降りてこない。
ってことは、いまは「写真」が大事じゃない時期なんだと思う。
もしくは、「写真」そのものが自分の人生にとって、
自分が思っているほど必要じゃないものなのかもしれない。

どうやらわたしの手元には「仕事」がたくさん降りてきているので、
それはそれでつらいけど、いまは仕事をがんばります。

(あとは英語とダイエットも・・・!)

| 日記風 | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。