take a walk

無期限更新停止中です。カメラ散歩は継続中。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雑誌いろいろ



CENTURIA SUPER400

久しぶりに別冊宝島の本を買いました。
1500号記念だかなんだかで、一気に10冊の雑誌が発売されました。
そのなかから「おじいちゃんにも、セックスを。」と
おしゃれ革命」を購入。
「おじいちゃんにも~」は宝島社の過去の紙面広告について、
「おしゃれ~」は宝島社から発行してるファッション誌の歴史について
それぞれ記事になっています。

「おしゃれ革命」は読んでてとにかく懐かしかった。
自分が洋服に目覚めたのはCUTiEがあったから、と言っても過言ではナイ。
あの頃のおもちゃ箱ひっくりかえしたようなファッションページが好きだった。
懐古主義なんかじゃなく、
絶対にあの頃のほうが、モデルもファッションも見ていて楽しかったと言える。

それにしてもあの頃に元気だったお店はいまもどこかにあるのかね~。

いろんな出版社があるけど、宝島社がいちばん好きだなあと思う。
宝島社のなにが好きって、先駆けた雑誌や広告を作っちゃうところ。
先駆けたのが売れ始め、他誌に真似されて負けちゃいそうになるところ。
クセがあるのに読みやすい、そういうところも大好きデス。


---
今日は20日、写真誌各社一斉発売日。
PHaT PHOTOのフォトコンはまたダメだった。
それはまあ良いとしても、最近入賞作品にかたよりが出てきたような…。
そうなると自分の写真は絶対に選ばれないような気が(汗
今後投稿を続けるのを、ちょっと考えようかなあ、と思いました。
今月の特集と付録が「写真展ギャラリー」だったのでとりあえず購入。

Photo GRAPHICAは藤原新也氏の特集で石川直樹氏のミニ写真集が付録。
ぺらぺらめくって読みました。
あとでアサカメと日カメもチェックせねばー。
スポンサーサイト

| vivitar ultra W&S | 10:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月16日(土)



CENTURIA SUPER400

去年末、写真における今年の目標をいくつか立てたんだけど、
先週の(もう先週!)写真展によって考え方がガラリと変わった。

んだけど、
まだ脳内をモジャリとしてる状態なので、うまく言葉には表わせない。
や、立てた目標に変更はないんだけれど、

うーん。
うーん。

ももち食べたいよー。
って、
いやいやそうじゃなくて。


木村伊兵衛の写真展、いつ行くかなあ。
そうそう、写真展でプリントした写真をもう一度引き伸ばすことに決めた。
(ネガ、片づけなきゃよかった)
あとはお礼のための引き伸ばしも含めて再びビックへ行かなければ。
(わたしの写真で喜んでくれたらいいんだけど)

頂いたフジのPRO400Hってフィルムで早く撮りたいって思う。
でも撮りたい場所が見つからない。
つーか、自動補正しなくて平気な機械ってその辺にあるのかね。

フィルムって本当にいろいろ面倒。
でもやめられないこの不思議。

ポラロイドフィルムの存続をお願いする署名をした。
値上がりしたって買う人はいるでしょうよ。
タバコがいい例じゃん。
でもなくなったらそこで終わりなんですよ。
ポラ使いじゃないけど、なんかちょっとアレな気持ちになったので署名。
利益利益利益ばかりで、たまにおえってなるよ。

大切なことは目に見えないって、星の王子様も言ってたじゃん。
ねぇ?

---
半年振りにマッサージ行った。
背中を触ってもらった瞬間、
「…我慢しすぎじゃないですか、これ」
って言われた。
やっぱりそうだったのか。

| vivitar ultra W&S | 23:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月15日(金)



CENTURIA SUPER400

こないだのデザインフェスタギャラリーの反省を踏まえ、
中学3年間の英文法を10時間で復習する本」なるものを買ったよ。
春からまたNHKのラジオ講座を始めようと思っているんだけど、
(以前、欲を出してレベル上げたらまんまと続かなかったから、
 今度はガッツリとレベルを落として受講する講座を選ぶよ…)
もう一度文法から勉強し直した方がいいと思って。

…買ってよかった。
ほっとんどすべて忘れていたから(汗

中学を卒業して20年近く経つから当たり前といっちゃ当たり前だけど、
それにしても忘れすぎだと思った。
そんな自分にホントがっかりだけど、
まあまだ思い出せるだけ、マシだと思うことにする。

語学は勉強するに越したことはないと信じて、
出来る限り続けよう。


いまは全然写真やカメラに興味が向かないし(アウトプットしすぎた…)、
勉強するには逆に良い時期かもしれないなあ。

| vivitar ultra W&S | 15:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月14日(木)



CENTURIA SUPER400

とある少女漫画家さんのブログに何気ない質問をしてみたら、
本人からフツーにレスが書いてあってびっくりした。
期待してなかったんです、連載数本抱えてるような有名な方だし。
すごい時代になったもんだなあとびっくりしたと同時に、
トラブルに負けずに頑張ってほしいなあとも思った。
(ひどいトラブルに巻き込まれた作家さんなんですよ…)


んで、
今日はバレンタインデー。
結婚して無事1年が経ちました。
でも結婚記念日というより「つきあって○年目記念日」のほうがしっくりくる。

そんなわけで、今日はオットさんとつきあって8年目記念日です。
つきあい長っ。

| vivitar ultra W&S | 15:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木村伊兵衛展 『街角/秋田』



CENTURIA SUPER400

東京工芸大学中野キャンパスにて、
木村伊兵衛の写真展が行われているそうです。
自分の写真展終わったら観に行こうかね。

しかし大学内で木村伊兵衛の写真展があるとは、
恵まれた学生さんたちだなあ。

---
木村伊兵衛展 『街角/秋田』 (公式ページから引用)

会期:2008年1月23日(水) ~ 3月9日(日)
時間:10:00 ~ 20:00 (期間中無休・入場無料)
会場:写大ギャラリー (東京工芸大学・中野キャンパス内)
    地下鉄丸ノ内線・大江戸線 中野坂上駅下車1番出口・徒歩7分
    Tel (03)3372-1321 〒164-8678 東京都中野区本町 2-9-5
展示作品:街角、秋田 モノクロ作品 約50点

| vivitar ultra W&S | 10:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月31日(木)



CENTURIA SUPER400

昨日はリンク先でお世話になっているto-fuさん
ご友人のれん。さんの写真展「坩堝」を観に、
代々木の金魚カフェへ行ってきました。

to-fuさんとお逢いするのはこれが初めて。
なのに自分の連絡先を伝えるのも相手の連絡先を訊くのも忘れ、
「まあ行けば分かるかな」とタカをくくってたら分からず、
「そーだ!カメピ経由でメッセ送ればいいじゃん!」と思いついたら
さきにメッセージを頂いていた始末。
行き当たりばったりで本当にすみませんでしたー。

無事にお逢いすることができ、
そのあとyagiさん、はぴさんを交えお話しました。
みなさんと初めて逢うのにこれほど話がはずむのは、
やはり写真という共通の趣味があるからなんですなあ。

肝心の写真は、とにかく行って良かったと思った。
ブログで拝見していたのですが、やはりじかに見るのがいちばんですな。
なんと言っても壁からかけられていたたくさんの写真が良かった。
まさに「坩堝」だなあって思わせる作品。
こういう見せ方もあるんだなあと思いました。
逆に、わたしがこういう見せ方で展示してもだめだと思った。
こういうところに撮るひとの個性って出るよねぇ。


そんなこんなで来週は自分の番。
果たして楽しんでもらえるか?という不安はありますが、
そこは喋りでカバーしようと思う(芸人かよ)。
デザフェスギャラリーの特徴を活かした、
気軽に楽しめる写真展になるようにがんばろーと思いマス。

| vivitar ultra W&S | 10:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月28日(月)



CENTURIA SUPER400

特に日記で公開していなかったけど、
地味~~~に『スロトレ』を続けていたわたし。
始めてから3ヶ月が経ちました。
ぶっちゃけ体重に変化はありませんが(むしろ増加→変動なし)、
筋肉がうっすらだけどついてきた。
ぽにゅぽにゅのからだだっただけに、これは嬉しい。
(もともと、痩身目的ではなく筋肉作りが目的だったので)
特に腰からお尻周りが変わりました。
下腹部は相変わらずのぽっこり。
まあ、ここは2年がかりでへこませる気持ちでいるからいいとする(涙

で、お尻周りに変化があったのと同時に判明したのが
骨盤のゆがみっぷり。
すごいのよ、太ももの骨が“ガッ”と横に張り出しているのが分かる。
これはどうにかしないと~と思って、骨盤矯正の病院を探すも、
保険は利かないから治療費がとにかくかかるわけで。
そんな余計なお金はないし、大体「病気」というわけでもないし。
ので、現在本屋で売れている『1分骨盤ダイエット』という本を購入。

「骨盤体操を1分するだけで12キロマイナス!!」とか
もう意味分かんないコピーが書いてあって結構疑っていますが、
実際やってみると骨盤に効く痛みがありましてですね、
これがちょっとクセになります。
やらないと気持ちが悪い、みたいな。
スロトレもそうだもんなー。
骨盤エクササイズにどれだけの効果があるかは未知数ですが、
しばらく続けてみます。

ついでにWingで「スタイルアップパンツ おなか」も買いました。
ガードルより苦しくないので穿き心地はそれなりに良いですよ。
でもこれを穿くとスカートがまわるまわる!
骨盤がゆがんでいる証拠だなあ。
ますます骨盤エクササイズをやらなければー。

| vivitar ultra W&S | 11:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月25日(金)



CENTURIA SUPER400

いまや全国にゴマンとあるフリーペーパー。
そのなかでも好きなのが、東京メトロ沿線で配布されている「メトロミニッツ」
好きすぎてカメピ内にコミュニティを作ったけど、
その地域限定っぷりから知名度もないようで、いまだメンバーは自分ひとりw

まあそれはいいとして。
そのメトロミニッツから「ゴールデンミニッツ」という
50代男性向けのフリーペーパーが発行されています。
性別も違えば対象年齢も離れていたので、
あまり積極的に手に取ることはなかったのですが、
毎回男性芸能人のポートレートが表紙でいつも気にはなっていました。
それが、今号の表紙は違ってまして。
オブジェのような写真に、「photograph」。
手にとってなかを見ると「操上和美」という写真家の特集でした。

これがですね、まるで写真集のようで良かった。
ついつい3冊もゲット。
とてもじゃないけど72歳のじいさんが(失礼)撮るような写真じゃないってくらい
センスがあって恰好良い(公式サイトがすンごいことになってた)。
そしてなんといっても惹きつけられる。

個人的にあまりモノクロは見ないのだけど、
ポートレートはモノクロのほうが断然好き。
そして決まって年輩の男性写真家ばかり目が行く。
今号を読んで操上さんをいままで知らなかったのが惜しいくらい。
機会があったら見てみてね。

ちなみに、今号でゴールデンミニッツは休刊、
装い新たに4月より60代男性向けのフリーペーパーを創刊するようです。

---
ウィキペディアより引用
操上 和美(くりがみ かずみ、1936年1月19日 - )は、日本の写真家。
北海道富良野市生まれ。1961年、東京綜合写真専門学校卒業。
1962年から杉木直也に師事、1965年にフリーランスとなる。

公式サイト:http://www.kurigami.net/

---
ゴールデンミニッツ
特集 写真家 操上和美の仕事

矢沢永吉/役所広司/椎名誠/
三浦友和/渡辺謙/北野武/
市村正親/豊川悦司/長塚京三/
藤竜也/三國連太郎/
工藤静香/永作博美

| vivitar ultra W&S | 10:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月24日(木)



CENTURIA SUPER400

カメラ散歩でもお気に入りの場所、荒川の堤防が、
重機によってもんのすごい掘り起こされているんですよ。
えええーーーっと思いながら見てたんですけど、
どうやら芝焼きをしている様子。
(参考URL→荒川流域のポータルサイトARA
芝を育成し、害虫や雑草の繁殖を防ぐんだって。
初めて知りました。

期間としては1ヶ月半とのことなのであっという間に終わりそうですが、
その間、遊びに行けないのはちょっと残念だなー。


---
※追記
写美でこんな素敵なワークショップが。
ゼラチンシルバーセッション+東京都写真美術館
「BWプリント・ジョイントワークショップⅢ」

講師が平間さんだーーー!!!
逢いたい…しかし暗室作業はもういいもんなあ…(汗
大体、本人目の前にして作業なんか絶対出来ない(緊張する)。
いつか、トークショーとかで逢いたいなあ。

| vivitar ultra W&S | 12:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月22日(火)



CENTURIA SUPER400

この頃、住宅ローン控除のことで頭がいっぱいです。
初年度は確定申告しないといけないんですよね。
(翌年からは会社の年末調整でOK)
めんどくさい…。
以前、大人の歯列矯正のための医療費控除で
確定申告した経験はあるんですけど、
そのときもすっごい面倒な思いをした気が。
それでもかかった医療費の1割弱が戻ってきたから良いけどさ。
今回の住宅ローン控除も計算上ではローン残額の1%が戻ってくるらしいけど、
税制改革があったじゃないですか。
(住民税が3倍に上がったときは国に殺されるって一瞬思った)
どうなるのかなあ…。
とは言え、1円でも多く取り戻したい自分(たち)のお金。
返してもらえるものはキッチリ返してもらいます。
そして返ってきたお金は来るべき固定資産税の足しに…(税金で税を)。

たまにふと、なんでこんなにお金のこと考えながら生活してんだろって思う。
あー、お金のこと考えないで生活したいなあ。
(庶民でいるうちは無理なんだろうなあ)


※ためしに適当に数字を入力してみたらやっぱり1%還付されるっぽい。
手続き、めんどくさいけどがんばろうと思った。
ちなみにe-taxを利用すると様々なメリットがあるらしいけど、
書類を用意したりソフトをインストールしたりするのが相当手間なので、
普通に申告するー。

確定申告特集

| vivitar ultra W&S | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月21日(月)



CENTURIA SUPER400

トーキョーでは積雪の予報だったにもかかわらず、
まったくもって降っていない。
それもそのはず、昨日の西の空は曇っていながらも、
綺麗なピンク色の夕焼けだったのさ。
天気予報が当たる確率って、いま50%らしいよ。
昔、「あーした天気になーーぁれぇぇぇ」で靴投げたじゃん、
それとあんまり変わらん確率らしい。
がんばれ気象予報士。

最近THE YELLOW MONKEYブームが来てましてですね、
10年以上前に買ったトライアド時代のベストアルバムを聴きながら
出勤したり散歩したりしています。
ヤフオクでもシングルコレクションのアルバムを落札。
最後に出たベストアルバムも手に入れようか思案中。
THE YELLOW MONKEYの中古ってお店ではあんまり見かけない。
見かけたとしても新譜とあまり変わらない値段だったりするし。
いまだに人気があるのかな。
それにしてもあんな色っぽくて恰好良いロックスター、いま日本にいるの?


写真は空のないトーキョー。
カメピで「トーキョーには空がないなあ」って書いてみたんだけど、
これは高村光太郎の『智恵子抄』の真似。
気づいたひと、いたかなあ。
『智恵子抄』、一時期貪るように読んでいたけど、歳とともに読まなくなった。
人間変わるものなのね。

| vivitar ultra W&S | 11:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末ざざっと、



AGFA ULTRA100

備忘録

14日の金曜日、
おそろしく仕事がなかったため、残業ナシで日比谷へ。
フォトエントランス日比谷で、グループ展を観る。
良いなあと思える作品がいっぱい飾ってあってホクホク。
カラーフィルムをマット紙にプリントっていいな~って思った。
自分の展示も今度からはマット紙にしよう。
なんかねー、光沢とは全然違って、なんていうんだろう、
色合いが懐かしくなるみたいに感じた。
(光沢ももちろん良いけどね)
それと、展示タイトル(「プレゼント/∞≒かいほう」)を見て、
どういう意味なんだろうってずっと考えてた。
自分や他人の見るといつも思うけど、タイトルづけって難しい。
そんなわたしはいつも単語か、「無題」で片付けてしまう。
そういや「『無題』もタイトルの一部だ」って、大森克己が言ってたなあ。
もっときちんと考えないといけないのかも。

16日の日曜日、
午前中に荒川の土手へ行って、Solaris試し撮り。
今度はISO200。
快晴のため絞りは8~11で固定して、露出を+1~-1に替えながら
同じ場所を3枚ずつ撮った。
こうやって撮ると36枚撮りなんてあっという間に終わるわね…。
そのあと移動して街のDPE屋さんに現像をお願いするも、
「見慣れないフィルムなのでちょっとうちでは」と断られる。
PARADE100の余波かしらん。
仕方がないのでビックカメラまで移動して現像をお願い(マンドクセ)。
そこでも「あまり流通してないフィルムは現像をお断りする場合があります」
だって。
前回はなにも言われずに受け付けてもらえたんだけどナー、と思いながら
はいはい、とお返事。
一応受け付けてもらえる。
ちなみに、特になにも指定はしなかった。

45分後、無事に出来上がり。
プリントは「そんなに青くならなくても」とつっこみたくなるぐらい
ソラリスブルーだった。
「ちょっと濃くプリントを」とお願いしたAGFA ULTRAより濃いよ。
前回、ISO400のときは粒子感が気になったけど、200はそうでもない。
でもやっぱりザラッとしている部分はある。
この調子だと、ISO100でもザラッとしてるかもしれないねぇ。


写真とはちょっと離れた話題ですが、
今朝、コンビニ行ったら「美女採集」の本が置いてあった。
そーいえば出るんだったと気がついた。
(「美女採集」は「流行通信」という雑誌で連載されていたものです)
もっと豪華な本かと思ってたらムック本みたいだった。
でもそれくらいのほうが買いやすくてよい。
テキスタイルアーティストの清川あさみさんは、
それこそZipperのパチパチズ初登場から見ていたので、
(その後は読者モデルとして活躍。かれこれ10年近く前のお話)
こうしてアーティストとしても活躍しているのを見るとうれしい。
コンビニに置いてあった本はすでにヨレっとしてたので、
のちほど本屋へ行って買おうと思う。
パルコギャラリーで展示もあるようなので、それも併せて見てみようー。

あと、この連休はずっとオノ・ナツメの漫画を読みまくっていました。

| vivitar ultra W&S | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月6日(木)



AGFA ULTRA100

昨日、家に帰ると枕元に写真集が。
オットからの、ちょっと早いクリスマスプレゼントでした。
リクエストしていたのはアラーキーの「センチメンタルな旅・冬の旅」
しょっちゅう本屋で見ては涙してたんだけど、
なんとなく買わないままだったので買ってもらいました。

寝る前に、じっくりと見ることができました。
最後のチロちゃんの写真でどうしても涙ぐんでしまいます。
なんの涙なんだろうっていつも思うんだけど、分からずじまい。
理由が分かれば涙ぐむこともなくなるのかしらん。

オットにも「これはいいよ!」って見せたけどパラパラめくるだけでした。
写真集を買うと見せることもしばしばあるのですが、
どれも興味なさそうなのが非常に残念。
(楽しんで見てたのは平間至の「No music,No life」くらい)
もともと、共通の趣味はあまりないんだけどねぇ。
自分がいちばん好きなものに対する温度差っていうのかしら、
たまに激しすぎることを感じて愕然としますな。
(でも、きっとそれはお互い様~)


ちなみに、この写真集をめぐってアラーキーと篠山紀信は大喧嘩したそう。
んー。なんか納得。

| vivitar ultra W&S | 12:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月4日(火)



AGFA ULTRA100

そんなこんなで読み終わりました「ホームレス中学生」。
正味2時間あれば読めるやさしい内容。
そのわりに、普段当たり前になっていることへの感謝、
親への気持ちなど、素直に表している箇所がいくつもあるので、
学校図書として推奨されるのは納得がいきますな。

田村くんのお母さん大好きは、リリーさんの東京タワーとかぶった。
かぶるといっても東京タワーは最後の30ページくらいしか読んでいないけど。
でも読みやすさでいったら「ホームレス中学生」のほうかなー。
(あくまで個人的な感想)



お知らせです。
larnさんとふたりで、グループ写真展をすることになりました。
グループというより「二人展」と言ったほうが正しいのかな。
場所はデザインフェスタギャラリー
裏原宿のあそこです。
期間は2008年2月8日(金)~2月11日(月)の4日間。
(※ちなみに2月9日~11日は3連休)
時間は午前11時から午後8時までです。
お部屋は1-Gになります。

スケジュールにも掲載中。
チーム名は『朋成』で、展示タイトルは "snap! snap!"です。
デザフェス、仕事速いなー(感心)。

肝心のテーマは『お散歩スナップ』。
ブログの写真がそのまま写真展になる恰好です。
ブログでUPしたお気に入り写真と新作混ぜて展示します。

くわしいことが決まったら、またお知らせします。
よかったら遊びに来てね^-^

| vivitar ultra W&S | 11:15 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月3日(月)



AGFA ULTRA100

フィルムを買いました。
リアラエースとソラリス。
ソラリスはイタリア製のフィルムだそうです。
ISO100~800まで、お試しパックを計10本。
初めて使うフィルムは、いつもわくわくします。

本を買いました。
おはよう奥さん(それは雑誌)と「ホームレス中学生」。
いや、別に麒麟のファンじゃないんですけど、
田村くんというひとりの人間にものすごく興味を持ってしまいました。
もちろん芸人としても好きなんですけど。

それでまあ、途中まで読んだけど、これおもしろいわー。

こんなに素直で丁寧に書かれた文章は久しぶりに見たかも。
彼の人柄が良く出ている。
彼の生い立ちや貧乏生活はテレビでたくさん見てきたらよく知ってるけど、
そういうのを抜きにしてでも読みたいな、と思える一冊です。
これから読む続きが楽しみ。

| vivitar ultra W&S | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。